Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche
Suche
Kopfillustration
最大イメージ 中イメージ
あなたはここです:
  1. 体験の場所。  文化、博物館、科学
セコンドリーナビゲーション

文化、博物館、知識の宝庫。マインツ。

この地に足跡を残していった古代ローマ軍、太古の動物、画家や音楽家、そして発明家グーテンベルグ。マインツのミュージアムや大学で、彼らに関する理解をさらに深める知識探訪に出かけてみませんか。

活版印刷の発明者であるヨハネス・グーテンベルクは町の偉大な息子であり、「ミレニアムの人」として栄誉を与えられ、マインツだけでなくこの業績から新時代が始まりました。 すでに100年以上前から彼のために博物館が貢献されています。

印刷技術の世界博物館では彼の有名な2冊の聖書、すなわち世界で最初に印刷された本を観覧することができます。また一見に値するすばらしい博物館は完璧に修復された州立博物館で、ここには古代から現代までの収集品が展示されています。現代芸術は通関港にあるマインツ芸術ホールに全てのコレクションがあります。

 一方古代ローマ時代のマインツはローマ・ゲルマン中央博物館と古代航海の博物館、さらに数年前に発見されたイシス・マーテル・マグナの神殿博物館に生き続けています。そこには古代ローマ時代の地方主都モゴンティアークムでの宗教儀式が洞察できるすばらしい展示があります。

博物学歴史博物館マインツの収集品はラインランド・プファルツ 地域だけでなく、それ以上の広い範囲に貢献しています。特に子供達や家族連れに興味のあるこの博物館では 、徹底的な改装が館内全ての専門分野で進行中です。
もちろん言うまでもなく、一番新しいマインツの博物館ではファストナハトの写真と音声の記録そして仮装衣装と勲章の展示が準備されています。博物館の展示に関する最新情報は次のサイトを参照ください。 www.mainz.de/museen.
マインツが「科学の都市2011」に指名されたことにより、科学と研究が連結し種々の行事や展示会が催されました。プロジェクトの多くは持続性のシンボルとして構想され、結ばれたネットワークはすでに効果があります。最新情報は次のサイトを参照ください。 www.mainz-stadt-der-wissenschaft.de.
数々の大学で学んでいる4万人以上の学生と教育や研究に携る多くの賢明な人々がマインツでの都市生活と日常生活を特徴づけています。
ライン地域では演芸(バラエティーショー)をとても重視しています!芸能者願望のドイツ演芸賞の授賞式がマインツの州参議院で毎年行なわれることでも明らかです。そして文化、イベントやフェスティバルも相応しい場所で開催されます。例えば有名な国立劇場、あるいは今では古い工場の建物フェニックス・ホールで文化や催しが行なわれます。多くの催しが州都である当地で行なわれます。「マインツには相応しい場所がある。」(Mainz lebt auf seinen Plätzen) これはプログラムの題名です!
マインツに感染したファンにとって是非することは有名なマインツのファストナハト(カーニバル)を経験することです。それは5番目の季節と言われ、例年のクライマックスはバラの月曜日(Rosenmontag)に何キロメートルもの行列が町を歩き回ります。あるいは城塞で行なわれる聖霊降臨祭 フェスティバル「オープン・オーア(Open Ohr )」、印刷技術の発明者ヨハネス・グーテンベルクに奉げられた6月の聖ヨハネス祭(Johannisfest)、マインツ・ミュージックサマーではクラシック音楽が選ばれた相応しい場所で演奏されます。庶民文化祭の大きな最後の行事は、マインツのワイン市です。これは晩夏に2度長い週末にわたり行なわれます。ここではドイツのワイン主都の幅広い魅力を満喫することができます。

このサイトを使用することにより、このサイトでCookieが使用されることに同意したことになります。 次のリンクを使用して詳細情報

マインツのファストナハト博物館 Landeshauptstadt Mainz
4 / 7